【お知らせ】3/20リエートス定例イベント『青空ソーシャルマルシェ』を開催します!

■リエートス定例イベント

リエートスは社会課題の解決に取り組んでいる経営者が集まり、社会起業家を持続的且つ包括的にサポートするために 2020年9月に創立したコミュニティです。
定期的にイベントを開催しており、現在進行形で奮闘している社会起業家や、社会起業家を目指そうとしている人、またはそれらを応援する人が交流できる機会を創出しています。
詳細はこちら⇒https://re-ethos.net/

■青空ソーシャルマルシェ

ソーシャルビジネス、NPO、NGO、ボランティア団体、個人など、社会とって良いアイデアを考えていたり、活動を行っている人達は多くいます。しかし、一人で悩みもしくは限られたリソースで挑戦するしかなく、折角の社会に良い素晴らしいアイデアたちが花を咲かせず埋もれていってしまっているのも現状です。

そのような皆さんの活躍の場づくりと、仲間づくりのため、「社会によいアイデア」ばかりを集めたソーシャルマルシェを開催します!会場となるのはSDGs/ソーシャルグッドをテーマにしたコワーキングスペース『ウィズスクエア福岡』です。今回、リエートスの事務局でもあるこのウィズスクエア福岡のオープン一周年記念イベントも兼ねて、ソーシャルマルシェを行います!

今回、コロナウィルス対策として、会場に来なくてもマルシェを楽しめるオンラインマルシェも企画中!!
詳細は追ってお知らせいたしますが、新しいマルシェの楽しみ方をつくっていきたいと思います!

皆で社会に良いアイデアを育て、花が開いた数だけ社会課題が解決していく。
そんな世界を皆で創り上げていきましょう!

■イベント詳細

<日程>
2021年3月20日(土) 13:00-17:00
<参加費>
無料

■タイムスケジュール

◆オープニングトーク(13時00分~13時45分)
12:30- 開場
13:00- 開演・オープニング
13:05- 「実践から学ぶソーシャルビジネス」
     リエートス代表 福澤 久
13:45- 休憩・会場転換

◆ソーシャルマルシェ(14時00分~17時00分)
様々な活動をブース体験会として展示、即売会などを行います。

14:00~ チケット=来場1
15:00~ チケット=来場2
16:00~ チケット=来場3
※マルシェは人数限定のため、入れ替え制となっております。
 来場される時間のチケットにてお申込ください。

※写真は過去のイベントの模様です。当日はコロナウィルス対策を徹底いたします。

■出店企業一覧

①八彩屋本舗(やさいやほんぽ) 吉田信さん
廃棄される運命だった糸島産・無農薬野菜を使った美しいジャムやピクルスを販売。

②雨上がりの虹 生山雅子さん
障碍者の方の就労支援事業としての
カフェを運営。笑顔をつなぐお手伝い。

③NPO法人ウィッグリング・ジャパン
女性がん患者にウィッグをレンタルすることで外見のケア、心のケアをサポートしています。

④チアーズスタイルTV
がん体験者インタビュー、女性向け健康情報の発信で情報格差をなくす取り組みも行っています。

⑤株式会社数寄屋
博多織や久留米絣を用いて、名刺入れやパスケースなどの日用小物を製作販売しています。
事業の目的は、
・ものづくりを通じて色々な人と関わり、楽しむこと
・縮小傾向にある伝統的工芸品の需要拡大や周知に少しでも貢献すること
・障がいのある人が適正な賃金でやりがいのある仕事が出来ること
の3つです。

⑥「食べる。育てる。BOTANIPAN」
いつ起きるか分からない問題を乗り越えていく為の「日常防災」という観点からリリースされる缶パン「BOTANIPAN」。障害のある方のアートを起用し、社会がつながる起点をつくっています。

■参加方法

参加申込ページよりお申込ください。
<会場>※リアル参加の場合

コミュニティスペース・ウィズスクエア福岡
福岡県福岡市中央区大名1-3-7 「サウスステージ1」 3階
問合せ:092‐406‐5539

社会起業家コミュニティ「リエートス」とは?

古代ギリシャの言葉で「いつもの場所」「出発点」などの意味をもつ「エートス(Ethos)」という言葉があります。現況の中、前を向き協力しながら新たなスタートを歩んでいくために、「Re(新たな)」と「Ethos(出発点)」という意味と想いを込め、「リエートス」と名付けました。社会課題へ挑戦し続けることができる居場所の創出、次の世代を担う社会起業家の育成、持続化の実現のためにお互いを信頼し協力して課題を乗り越えることを目的とした社会起業家のコミュニティです。
リエートスに入会を希望される場合は、本イベントなど交流会に一度参加することが必要となります。

【レポート】第6回リエートス定例イベントの開催報告

2021年2月20日(土)に ㈱マイソルの福澤が代表を務める社会起業家サポートミュニティ『リエートス』 にて元・国連広報官の青柳仁志氏による基調講演とと社会起業家の事業紹介を行うソーシャルピッチを開催しました。

■50名以上の参加
非常事態宣言中のため、限定入場とオンラインという制限された環境下でしたが、50名以上の参加者があり、SDGsに対する関心の高さが伺えました。

■オープニング

福澤久
(株式会社マイソル 代表取締役CEO / リエートス 代表 )
弊社代表の福澤がオープニングとして、リエートスの立ち上げ経緯から団体概要について説明を行いました。リエートスの詳細については以下を参照ください。
詳細はこちら⇒https://re-ethos.net/

■第一部 基調講演

 今回は『SDGsビジネスの作り方』をテーマにSDGsを本業に如何にして組み込み、社会問題に取り組んでいくかという事を分かりやすく講演頂きました。また、本講演の直前に『小さな会社のSDGs実践の教科書』を出版されており、この本の内容も含めて、丁寧にご説明頂きました。
 社会と会社の「共通コスト」を削減し、事業を通じて社会と会社の「共通価値」を生み出していく考え方など興味深いアプローチ方法にご参加の皆様も熱心に聞き入っていました。 

■第二部 ソーシャルピッチ

①八彩屋本舗(やさいやほんぽ) 吉田信氏
以前からリエートスにも参加して下さっていて、今回は自身が取り組んでいる事業についてピッチをして頂きました。吉田さんは 廃棄される運命だった糸島産・無農薬野菜を使った美しいジャムやピクルスとして販売されています。また、障がい者の就労機会の創出も含めた事業プランについて講演して頂きました。

社会起業家コミュニティ「リエートス」とは?

古代ギリシャの言葉で「いつもの場所」「出発点」などの意味をもつ「エートス(Ethos)」という言葉があります。現況の中、前を向き協力しながら新たなスタートを歩んでいくために、「Re(新たな)」と「Ethos(出発点)」という意味と想いを込め、「リエートス」と名付けました。社会課題へ挑戦し続けることができる居場所の創出、次の世代を担う社会起業家の育成、持続化の実現のためにお互いを信頼し協力して課題を乗り越えることを目的とした社会起業家のコミュニティです。
リエートスに入会を希望される場合は、本イベントなど交流会に一度参加することが必要となります。

【お知らせ】2/20リエートス定例イベント『基調講演&ソーシャルピッチ』を開催します!

■リエートス定例イベント

リエートスは社会課題の解決に取り組んでいる経営者が集まり、社会起業家を持続的且つ包括的にサポートするために 2020年9月に創立したコミュニティです。
定期的にイベントを開催しており、現在進行形で奮闘している社会起業家や、社会起業家を目指そうとしている人、またはそれらを応援する人が交流できる機会を創出しています。

■今回のゲストは 元・国連広報官 の青柳 仁士 さんです!

― 元・国連広報官が語る「SDGsビジネスのつくりかた」―
貧困、失業、環境などの社会問題に加えて、新型コロナウィルスを取り巻く価値観の変容を受けて、企業においても世界的機運となっているSDGsの理解と活用がより一層求めれてきます。

このような背景を踏まえて、 一般社団法人SDGsアントレプレナーズ代表理事の青柳仁士さんに
SDGsビジネスのつくり方についてご講演いただきます。

青柳さんは 2012年に国連本部のあるニューヨークでSDGs創設の国際議論に参画し、SDGsが始まった2016年から国連開発計画(UNDP)駐日事務所の広報官を務められ、その後も SDGsをビジネスで解決するためのプラットフォームを設立・運営 されており、多方面にご活躍されています。

現在のSDGsの理解度や導入段階に関わらず、全ての組織と人々が最先端のSDGs潮流にキャッチアップし、現状よりも一歩進んだ取り組みができるようにわかりやすくお話して頂けますので、奮ってご参加ください!

■講師プロフィール

一般社団法人SDGsアントレプレナーズ代表理事
(社会起業家/元・国連職員)
青柳 仁士 氏

2012年に国連本部のあるニューヨークでSDGs創設の国際議論に参画し、SDGsが始まった2016年から国連開発計画(UNDP)駐日事務所の広報官として日本の政府機関、民間企業、教育機関、メディア・市民社会等への初期のSDGs普及に従事。
SDGsの機運を具体的な世界の課題解決力に変えるため、国連在職時に日本の民間企業約50社とともにSDGsをビジネスで解決するためのプラットフォームを設立・運営。現在もSDGsビジネスの創出と実行に取り組み続けている。

2008年:独立行政法人国際協力機構(JICA)アフガニスタン事務所調査役
2010年:国連開発計画(UNDP)対外関係・アドボカシー局政策顧問
2013年:プライスウォーターハウスクーパース株式会社(PwC)マネージャー
2015年:ハーバード大学エマージング・リーダーズ・プログラム修了
2016年:国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所副代表補・上席渉外広報官
2018年:一般社団法人Japan Innovation Networkディレクター
2019年:一般社団法人SDGsアントレプレナーズ代表理事

■タイムスケジュール

開催日時:2021年2月20日(土)
◆ソーシャルビジネスセミナー(13時00分~14時00分)
12:30- 開場
13:00- 開演・オープニング
13:05- 「SDGsビジネスのつくりかた」
     青柳 仁士 氏(一般社団法人SDGsアントレプレナーズ代表理事)

◆ソーシャルピッチ(14時15分~14時45分)
14:15- ソーシャルピッチ×3名
(ソーシャルビジネス実践者によるピッチタイム)

<活躍中の先輩起業家(経営者)によるフィードバックあり>
・株式会社マイソル 代表取締役 福澤 久
・㈱ヒューマンハーバー代表取締役 副島勲
・Trust Inc. CEO 小野祐紀香
・一般社団法人WAOJE 代表理事 小田原靖(オンライン)
・TFTセンタージャパン 代表取締役 森川綾女(オンライン)

◆第二部(15時00分~16時30分)
15:00- 交流会(リアル体験のみとなります)

■参加方法

下記 イベントページよりお申込をお願いいたします。
https://reethos0220.peatix.com/

■会場情報

コミュニティスペース・ウィズスクエア福岡
福岡県福岡市中央区大名1-3-7 「サウスステージ1」 3階

■お問い合わせ

コミュニティスペース・ウィズスクエア(福岡店)
[ TEL ] 092-406-5539
[MAIL] ushijima@tokyo-trust.jp(担当:ウシジマ)

■リエートスとは

古代ギリシャの言葉で「いつもの場所」「出発点」などの意味をもつ「エートス(Ethos)」という言葉があります。現況の中、前を向き協力しながら新たなスタートを歩んでいくために、「Re(新たな)」と「Ethos(出発点)」という意味と想いを込め、「リエートス」と名付けました。社会課題へ挑戦し続けることができる居場所の創出、次の世代を担う社会起業家の育成、持続化の実現のためにお互いを信頼し協力して課題を乗り越えることを目的とした社会起業家のコミュニティです。
リエートスに入会を希望される場合は、本イベントなど交流会に一度参加することが必要となります。

【レポート】第5回リエートス定例イベントの開催報告

2021年1月16日(土)に ㈱マイソルの福澤が代表を務める社会起業家サポートミュニティ『リエートス』 にて若林宗男氏による基調講演とと社会起業家の事業紹介を行うソーシャルピッチを開催しました。

【デュアル開催で実施】
本イベント開催直前に緊急事態宣言が出され、開催も危ぶまれましたが、入場制限とオンラインのデュアル開催にて実施し、多くの参加者にお申込みいただきました。一部の参加者につきましては、急遽オンラインの変更にもご協力頂き、ありがとうございました。

第一部 基調講演

若林宗男氏
(若林ビジネスサポート 代表)

「簡単便利!ソーシャルビジネス」をテーマに、キャスター時代から現在に至るまでの取り組みをベースに分かりやすくソーシャルビジネスについて語って頂きました。
 まずはやってみて、進めながら修正を行っていく並行性に加え、「着眼大局着手小局」など物事を大きくみて、目の前の事を疎かにせず推進していく事など、事業推進のコツに参加者の皆さまも大きく頷いていました。
 また、現在取り組んでいる地域のサブスクリプション化のモデルでは、観光客を増加させることで、人口増加と同等の波及効果に加え、地域が潤うことを両立させる取り組みなど多角的な視点でビジネスを構築していく発想など、ソーシャルビジネスを取り組むにあたってのヒントが詰まっており、有意義な会となりました。

若林宗男氏の講演の様子

第二部 ソーシャルピッチ

①久保田 啓介 氏( ROBBO JAPAN )
日本におけるグローバル人材の育成の重要性に始まり、子供向けのプログラミングサービスの取り組みについて講演して頂きました。

久保田氏のピッチの様子

②古賀 䅿奈子 氏(株式会社CELTIS)
「発達障害に関する正しい情報の発信をおこない、さまざまな誤解を減らし、障害をお持ちのご本人もその周りの方々も、より良い豊かな生活ができる世の中にすること」をミッションに、4月にスタートする発達障害をテーマとした情報番組『SMALL STEP TV』の紹介や現在の取り組みについて講演頂きました。

古賀氏のピッチの様子

③平田 央 氏 (株式会社数寄屋)
「ものづくりを通じて日本の伝統的な価値観や自然観を受け継ぎ、調和のとれた社会づくりに貢献する」ことを理念に、伝統工芸品と障がい者の就労機会の創出を掛け合わせたソーシャルビジネスについて講演して頂きました。

平田氏のピッチの様子

福澤久
(株式会社マイソル 代表取締役CEO)
(リエートス 代表)
弊社代表の福澤がオープニングとして、リエートスの立ち上げ経緯から団体概要について説明を行いました。リエートスの詳細については以下を参照ください。
詳細はこちら⇒https://re-ethos.net/

【お知らせ】1/16リエートス定例イベント『基調講演&ソーシャルピッチ』を開催します!

■リエートス定例イベント

リエートスは社会課題の解決に取り組んでいる経営者が集まり、社会起業家を持続的且つ包括的にサポートするために 2020年8月に創立したコミュニティです。
定期的にイベントを開催しており、現在進行形で奮闘している社会起業家や、社会起業家を目指そうとしている人、またはそれらを応援する人が交流できる機会を創出しています。

今回は年明け第一段の企画として、ワールドビジネスサテライトの初代キャスターも務め、現在は福岡市に移住し、各方面でご活躍されている若林宗男(わかばやしむねお)氏を講師に迎え、基調講演を行います。
また、ソーシャルピットとして、これから事業を展開しようとしている、または既に事業を開始してこれからの成長が期待できる3社3名の社会起業家に登壇頂きます。

■イベント概要

日程:2021年1月16日(土)
時間:13:00~16:30
参加費:第一部 ソーシャルビジネスセミナー、ソーシャルピッチ:無料
    第二部 交流会:500円(お茶&軽食つき)
開催方法:①リアル体験 ②オンライン配信(1部のみ)

■登壇者情報

《基調講演》
若林宗男 氏(若林ビジネスサポート 代表)

国際教養大学教養学部を卒業。株式会社東京12チャンネル(現テレビ東京)に入社。ニューヨーク支社を開設し支社長兼特派員として活動。ワールドビジネスサテライトを企画、初代ニュースキャスターを担当。インターネット黎明期の1995年にテレビ東京のホームページを開設。2011年、福岡市に移住。地域社会と中小企業をサポートする若林ビジネスサポートを設立。2015年に九州未来会議で九州広報センターの設立を提案、一般社団法人九州観光推進機構の中に九州観光広報センターが設立され副センター長兼海外担当となる。


《ソーシャルピッチ》
久保田 啓介 氏( ROBBO JAPAN )
ロッボクラブは子ども向け、プログラミング, 3Dモデリング電子回路エンジニアリングの教室です。レッスンは基本的に英語で行い、児童のグローバルな教育を推進しています。

②古賀 䅿奈子 氏( 株式会社CELTIS
「発達障害に関する正しい情報の発信をおこない、さまざまな誤解を減らし、障害をお持ちのご本人もその周りの方々も、より良い豊かな生活ができる世の中にすること」をミッションにする発達障害支援企業です。4月にスタートする発達障害をテーマとした情報番組『SMALL STEP TV』企画制作しています。

③平田 央 氏 (株式会社数寄屋)
「ものづくりを通じて日本の伝統的な価値観や自然観を受け継ぎ、調和のとれた社会づくりに貢献する」ことを理念に、伝統工芸品を用いた日用雑貨、ステーショナリーの制作販売や、福祉事業所(継続型就労支援作業所)の商品開発サポートを行っています。

■タイムスケジュール

■ソーシャルビジネスセミナー(13時00分~14時00分)
12:30- 開場
13:00- 開演・オープニング
13:05- 「簡単便利!ソーシャルビジネス」
     若林 宗男 氏(若林ビジネスサポート代表)

■ソーシャルピッチ(14時15分~14時45分)
14:15- ソーシャルピッチ×3名
     (ソーシャルビジネス実践者によるピッチタイム)

■第二部(15時00分~16時30分)
15:00- 交流会(リアル体験のみとなります)

~「お申込みは下記URLから~

https://20210116reethos.peatix.com/

【お知らせ】12/5リエートス定例イベント『ソーシャルピッチ』を開催します!

■リエートス参画企業ーのソーシャルアクションを紹介
リーエトスは2020年9月に 設立され、社会課題などを事業を通じて解決する『ソーシャルビジネス』を実践している経営者が集まり、コロナ 時代を生き抜くために何かできることはないか話し合いを重ね、社会起業家をサポートするためのコミュニティの立ち上げに至りました。
今回はそのスターティングメンバーの5名の経営者のピッチを紹介します。

■イベント概要
日程:2020年12月5日(土)
時間:13:30~17:00
参加費:第一部 ソーシャルピッチ&トークセッション:無料
    第二部 交流会:500円(お茶&軽食つき)
開催方法:①リアル体験 ②オンライン配信(1部のみ)

■登壇者情報
1. 小野祐紀香(有限会社トラスト 代表取締役)

IT系の会社でIPOを目指すも会社が売却になるのを機に退職し、独立。2010年女性のための起業塾を開塾。2012年、バンコクにレンタルオフィスオープン、2013年4月有限会社トラストにて八重洲に”女性のためのつながる”オフィスオープン。 2020年ソーシャルグッドなコミュニティスペースとしてレンタルオフィスを福岡にオープン。

2. 小田原靖(一般社団法人WAOJE 代表理事)

1969年、福岡県福岡市生まれ。19歳で渡米してオレゴン州の大学を卒業後。1993年にタイに渡航。1994年に現在のパーソネルコンサルタントを設立。 一般社団法人WAOJEの代表理事も務める。

3. 森川綾女(TFTセンタージャパ/こころ代表取締役)

哲学博士。心理学博士、一般社団法人日本TFT協会理事長、TFT認定トレーナー。米国の大学で国際関係学を学び、日本企業で海外勤務など国際色豊かな経験を経たのち、大学院で心理学を学び、心理カウンセラーに転身。日本で唯一、TFT上級レベルまでのすべてのトレーニングを行えるスペシャリスト

4.副島勲(株式会社ヒューマンハーバー 代表取締役)

1941年生まれ。1982年に(株)オレンジライフを設立し、不動産取引を行う傍ら、1996年より福岡保護観察所から保護司に任命され、多くの刑務所出所者を担当、帰住先・就職先を紹介。更生意欲が高い服役経験者も直面する宿泊・教育・就労の3つの困難に対する支援を一括提供する主体の必要性を痛感する。2011年に接したムハマド・ユヌス博士の理念に共鳴し、彼の定めた7原則に則った日本初の株式会社であるヒューマンハーバーを2012年に設立。これまで協力を呼びかけた500社以上の企業は、その経営理念に賛同を示す。ユヌス・ソーシャル・ビジネスによって再犯問題を解決することに全力で取り組んでいる。

5. 福澤久(株式会社マイソル 代表取締役)

音楽大学を経てジャズミュージシャンとして活動する傍ら、東京の大手コールセンター会社にて管理運営および営業に携わる。その後、地元福岡に戻り、福岡地場の教育・人材派遣会社において、社内ベンチャーとしてアウトソーシングコールセンターの新規立ち上げを行う。一方でコールセンターに係る教育研修、システム運用、運営コンサル支援などの業務に携わり、九州大学と連携し産学連携コールセンターなどの新サービスの開発にも携わる。セクシュアリティや様々な社会背景に関するカミングアウトの経験から社会課題解決型の人材サービス会社「株式会社マイソル」を立ち上げ、現在に至る。

【お知らせ】九州レインボープライドのオンラインブース出展に参加します!

■今年はオンライン開催
例年、福岡市の冷泉公園で開催されている多様性を認め合う祭典『九州レインボープライド』が今年も2020年11月7日(土)、8日(日)に開催されます。1万人を超える来場者がある九州の中でも関心度の高いイベントの一つですが、今年は新型コロナウィルスの影響もあり、オンライン開催になります。

■メイン会場
実際の会場をWEB上に創り上げた内容になっており、実際の会場かのようにWEB上を探索することができます。様々なエリアに分かれており、㈱マイソルではブースエリアに出展します。

メインサイトはこちら

■マイソルの部屋
マイソルのオンラインブース出展では『マイソルの部屋』として社員が様々な企画を考案し、YouTubeライブ配信を行います。

■1日目~2020年11月7日(土)~
11:00~ 『What’s マイソル?』~オープニング~
13:00~ 『マイソルの小部屋』~マイソルで働く人達の声Vol.1~
15:00~ 『保護者座談会』~子育てと多様性Vol.1~


■2日目 ~2020年11月8日(土)~
11:00 ~ 『マイソルの小部屋』~マイソルで働く人達の声Vol.2~
13:00~ 『保護者座談会』~子育てと多様性Vol.2~
15:00~ 『未来に向けて』~クロージング~

■特設ページ
YouTubeライブ配信専用の特設ページは下の画像もしくはURLをクリックください。
https://misol-sb.co.jp/qrp/

【お知らせ】第二回リエートス定例イベントの開催報告と第三回定例イベントのお知らせ!

2020年10月17日(土)にマイソルが代表を務める社会起業家サポートミュニティ『リエートス』で㈳ユヌス・ジャパンおよび九州大学ユヌス・椎木ソーシャルビジネス研究センターの岡田昌治氏の特別講演と社会起業家の事業紹介を行うソーシャルピッチを開催しました。

【90名を超える申し込み】
今回も限定入場とオンラインライブ配信のデュアル開催したところ、90名を超える申し込みがあり、非常に高い反響となりました。

第一部 特別講演

岡田昌治氏
(一般社団法人ユヌス・ジャパン/代表理事)
(九州大学ユヌス・椎木ソーシャルビジネス研究センター/特任教授)

2006年にノーベル平和賞を受賞されたムハマド・ユヌス氏が提唱する社会問題を持続性のあるビジネスを通じて解決していく「ソーシャルビジネス」についてわかりやすく講義頂きました。日本人にとっても身近な「買い手よし、売り手よし、世間よし」の三方良しを実現していくこと、またこのコロナ禍のよって気づくことが出来た環境問題などの社会問題に対して、大きく方向転換する重要な機会でもあることなど多角的に講演頂き、ご来場の方々の興味関心も高く、様々な意見交換が行われました。

≪オンライン講演の様子≫

第二部 ソーシャルピッチ

➀楳木健司氏
(一般社団法人YOU MAKE IT/代表理事)
日本における外国人の就労支援の事業内容について紹介してくださいました。また、ご自身の原体験を踏まえた起業のきっかけや、留学生の方々が抱える就職難の現状など、私たちが日常生活ではなかなか気付かない現状などについて分かり易く講演して頂きました。

≪楳木氏のピッチの様子≫

②陸守康汰氏
(株式会社RAPAS/代表取締役)
子どもたちが具体的な未来像を描けるように、様々な選択肢を創出する「TenToru」という動画サービスについてピッチをしていただきました。

≪陸守氏のピッチの様子≫

③岩切慎太郎氏
(ミライダネ株式会社/代表取締役)
エイブルアート(障害のある人のアート)を活用した防災パン『BOTANIPAN』についてピッチをして頂きました。 『BOTANIPAN』 は長期保存がきく防災パンで、缶には素敵なアート作品があしらわれています。保存期間はインテリアにも、開封後は缶で植物の栽培もでき、独創的なアイデアについて発表していただきました。

≪岩切氏のオンラインピッチの様子≫

次回イベントのご案内

『~再犯のない社会を目指す会社~ 株式会社ヒューマンハーバー企業見学会&講演会』

日本初のユヌス・ソーシャル・ビジネス・カンパニーとなった、株式会社ヒューマンハーバーの企業見学会と講演会を開催いたします。再犯防止に取り組みながらビジネスを動かし、ムハマド・ユヌス博士の著作『3つのゼロの世界 貧困0・失業0・CO2排出0の新たな経済』でも、「役に立つ仕事ができない人がいる、そんな考えは退けられるべき誤った思い込みだ。HH(ヒューマンハーバー)のような会社は、それを証明している」とご紹介されています。

事業性と社会性を両立させるソーシャル・ビジネス・カンパニーを、間近で見学し講演を聞ける貴重な機会です。ぜひ、ご参加ください。

日程:2020年11月21日(土)
時間:12時20分~17時00分
参加費:3,500円
定員:15名
申込みURL:https://reethos1121.peatix.com/

<タイムスケジュール>
■第一部 企業見学会
(12時20分~16時00分)
12:20- 集合(ウィズスクエア福岡)
12:30- バスに搭乗・株式会社ヒューマンハーバーへ移動。
13:30- 株式会社ヒューマンハーバー企業見学
15:00- バスに搭乗

■第二部(16時00分~17時00分)
16:00- ウィズスクエア福岡へ移動
16:10- 副島 勲 氏による講演

リエートスとは?
古代ギリシャの言葉で「いつもの場所」「出発点」などの意味をもつ「エートス(Ethos)」という言葉があります。現況の中、前を向き協力しながら新たなスタートを歩んでいくために、「Re(新たな)」と「Ethos(出発点)」という意味と想いを込め、「リエートス」と名付けました。社会課題へ挑戦し続けることができる居場所の創出、次の世代を担う社会起業家の育成、持続化の実現のためにお互いを信頼し協力して課題を乗り越えることを目的とした社会起業家のコミュニティです。

リエートスに入会を希望される場合は、本イベントなど交流会に一度参加することが必要となります。

【レポート】「ソーシャル・マルシェ&ピッチ」を開催しました!

マイソルが代表を務める社会起業家サポートミュニティ「リエートス」が2020年8月に立ち上がりました。また、設立イベントとしてソーシャルグッドな取り組みを行っている企業を集めた「ソーシャル・マルシェ」と次世代を担う社会起業家のアイデアを共有する「ソーシャルピッチ」を開催しました。

【100名以上の申込み】
新型コロナウィルスを考慮し、限定入場とオンライン開催という制約がある応募条件にも関わらず、社会起業家の新しいアイデアや取り組みに関心を持って頂けた100名以上の方から参加申込みがありました。

【ソーシャルマルシェの様子】
ソーシャルグッドな取り組みをしている企業10社に出展頂きました。

<出展企業>
八彩屋本舗
雨上がりの虹
ガードナー株式会社
NPO法人ウィッグリング・ジャパン
チアーズスタイルTV
バオバブ・サンライズ
mymizu
ROBBO JAPAN
ハチドリ電力
ミライダネ株式会社

【リエートス設立の背景とイベント開催の背景】
生活様式が一遍した今だからこそ、人と人とが支え合い、持続可能な社会を創り上げていくために自分達の出来ることから始めようという事で、数名の経営者が集まり社会起業家をサポートしていくコミュニティとして「リエートス」が立ち上がりました。
そして、その取り組みの一つとして、ソーシャルグッドな取り組みや活動を行っている企業との交流の場を創出する「ソーシャルマルシェ」と、次世代を担う社会起業家の新しいアイデアに触れることができる「ソーシャルピッチ」を開催するに至りました。

【ソーシャルピッチの様子】
次世代の担う活動に取り組んでいる3名の社会起業家に講演をして頂きました。
①坂口秀美氏(ハチドリ電力)
②岩切慎太郎氏(ミライダネ株式会社)
③マクティア・マリコ氏(mymisu)

<ハチドリ電力 坂口秀美氏のピッチの様子>

ハチドリ電力は、CO2ゼロの実質自然エネルギー100%プランのみを販売する電力サービス。
地球にやさしい電気だけでなく、社会問題に取り組むNPOやNGOにお金が回る仕組みについて講演していただきました。

<ミライダネ株式会社 岩切慎太郎氏のピッチの様子>

ソーシャルビジネスに対する想いや缶パンと植物栽培と防災を掛け合わせた「BOTANIPAN」ついて講演していただきました。

<mymizu マクティア・マリコ氏のピッチの様子>

人々の消費行動を持続不可能なものから環境に責任を持つものに変えることをミッションとし、日本初となる無料給水アプリ「mymisu」を始め、マイボトルや給水の促進など行っている活動や取り組みについて講演していただきました。

【特別講演】<一般社団法人ユヌス・ジャパンの岡田昌治氏のオンライン講演の様子>

特別講演として、㈳ユヌス・ジャパンの代表理事であり、九州大学ユヌス&椎木ソーシャルビジネス研究センターのエグゼクティブディレクターを務める岡田昌治氏より、これからの時代を生きるために私達が必要なソーシャルマインドについてオンライン講演を行っていただきました。

マイソル代表の福澤より社会起業家をサポートしていくコミュティ「リエートス」の設立背景や今後の展望について講演を行いました。

【リエートスについて】
社会起業家、もしくは社会起業家を目指す人達を応援する社会起業家サポートコミュニティです。社会起業家達が抱えるステージ毎の課題に合わせて、本活動に賛同する経営者や見識者からアドバイスや経営サポートを行っていきます。

リエートスの取り組み
経営サポート例

■理事メンバー
福澤久(株式会社マイソル 代表取締役)
副島勲(株式会社ヒューマンハーバー 代表取締役)
小野祐紀香(有限会社トラスト 代表取締役)
福山克義(ガードナー株式会社 代表取締役)
福山剣介(ガードナー株式会社)

■アドバイザリーボード
岡田昌治(一般社団法人ユヌスジャパン 代表理事)
小田原靖(一般社団法人WAOJE 代表理事)
森川綾女(TFTセンタージャパン(こころ)代表取締役)
兒玉久実(一般社団法人グラミン日本)

■事務局
住所:福岡県福岡市中央区大名1-3-7「サウスステージ1」 3階
TEL:092-406-5539
▼リエートスWEBサイト
https://re-ethos.net/