【レポート】九州大学ソーシャル・アントレプレナーシップの授業に登壇しました‼

7/4から4日間にかけて、九州大学のQRECにおいてソーシャル・アントレプレナーシップの授業が開催されます。その一環でソーシャルビジネスの実践企業として弊社マイソルの福澤、阿南、松本が7/4(日)に講義を行いました。

QRECとは

九州大学の全学学生を対象に、先進的かつ体系的なアントレプレナーシップ関連教育を提供することにより、自立心、向上心、グローバル意識を有し、積極的に新しい価値創造にチャレンジするリーダー人材の輩出を目的としています。 そして、アジアにおける本格的かつトップクラスのアントレプレナーシップ教育・研究組織を目指しているセンターです。

QRECはこちら⇒https://qrec.kyushu-u.ac.jp/

■講義の様子

マイソルは7/4(日)開催の部に登壇し、福澤(代表取締役CEO)、阿南(取締役COO)、松本(取締役)の3名で自身の原体験や弊社のビジネスモデルについて講義を行いました。受講生においては様々な角度から質疑があり、興味関心の高さが伺えました。

マイソルとしてもとても貴重な機会となり、次世代を担う社会起業家の卵を引き続き応援して参ります。

【お知らせ】7/21(水)ラジオ出演します‼

今年からソーシャルビジネスを語る番組「トリプルウィン」を放送するコミュニティラジオ天神に弊社代表の福澤が出演します。

■トリプルウィンとは?

トリプルウィンは一般社団法人ユヌス・ジャパンの岡田代表理事がコメンテーターを務め、毎回ゲストをお迎えして最新のソーシャルビジネス事業について熱く語る番組です。
番組はYouTubeからも配信されています。

■トリプルウィン放送情報

放送局 FM77.7MHz
放送日時 毎月第三水曜日 11:00~12:00
コメンテーター 岡田昌治(一般社団法人ユヌス・ジャパン)

【レポート】Social Business Day 2021 Japan Forumに参加しました‼

世界的なイベントであるSocial Business Day が、6/28~7/2に渡り各国で同時開催され、Japan forumにおいて弊社代表の福澤が事例紹介としてオンライン登壇しました。

ユヌス博士を含めた全員の集合写真

Social Business Forumとは

今年で11回目を迎えるSocial Business Dayは、毎年世界各国からソーシャルビジネスの起業家や研究者が集い、取り組んでいる事例に基づきアイデアやソーシャルバリューを共有する国際的ソーシャルビジネスのプラットフォームです。

【Program for Japan Forum】

◆開催日:   2021年6月30日(水)13:00  
開催の挨拶および趣旨説明  (5分)
13:05〜 各社からの報告 5分以内/各社

1  グラミン・ユーグレナ (佐竹社長)
2  ジャパン・アクション・タンク (佐竹事務局長)
3  ジャパン・オート・メカニック研修学校 (平尾校長)
4  グラミン・ジャパン・オート・ワールド(川村社長)
5  グラミン・ユニクロ (HUQ General Manager)
6  グラミンジャパン(百野理事長)
7  一般社団法人ユヌス・ジャパン (和嶋事務局長)
8  九州ソーシャルビジネス・フォーラム(岡野運営委員長)
9  株式会社ヒューマン・ハーバー(津田統括部長)
10 株式会社ボーダレス・ジャパン(田口社長)
11 一般社団法人LGB.T(長崎代表理事)
12 株式会社マイソル(福澤社長) 
13 Eighty Days 株式会社(グランジェ社長)
14 ソーシャル・テック・ジャパン(社長 マルーフ)
15 ユヌス吉本ソーシャルアクション(大崎会長)

14:30  ユヌス博士挨拶(15分)
14:45  閉会の挨拶

講演時の様子①
講演時の様子②

【レポート】第10回リエートス定例イベントを開催しました‼~小林氏ワークショップ&ピッチ~

2021年6月19日(土)に弊社も理事企業を務める社会起業家サポートコミュニティ『リエートス』の定例イベントが開催されました。

今回は狭山ビジネスサポートセンターのセンター長であり、ユヌス・ジャパンの小林美穂氏によるワークショップを行って頂きました。

■第一部 ワークショップ

小林美穂氏
(狭山市ビジネスサポートセンター センター長/ユヌスジャパン)

ワークショップの様子

テーマは「みるみるビジネスの構造が見えてくる!『ソーシャルビジネスモデルキャンバス』」として、ビジネスモデルキャンバスというフレームワークをソーシャルビジネスに応用したワークショップを行い、それぞれの実践中のビジネスモデルや現在抱えているソーシャルコンセプトを基に、自身のソーシャルビジネスモデルを設計するというワークショップを行いました。

皆さん熱心に取り組まれており、作成したビジネスモデルに小林さんから直接指導頂くなど、とても有意義な時間を過ごせたようです。

■第二部 ソーシャルピッチ

高木朱里氏(株式会社IRODORI)

高木氏の講演の様子

IRODORI社は創業メンバー自身の経験などを踏まえて、働く人々のメンタルヘルスのサポートとして「大人の保健室」をリリースしています。コロナ禍でメンタル不調を訴える人も多くなってきた中で社会ニーズにマッチしたサービスだと思います。ご来場の方々も興味深く聞き入っていました。

【お知らせ】本社を移転しました!

平素は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、この度本社事務所を下記住所に移転いたしましたのでご案内申し上げます。 
これを機会に、社員一同一層社業に専念致しますので、今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

【移転先情報】
住所:福岡県福岡市博多区博多駅東2丁目5-28博多偕成ビル4階
TEL:092-986-7980
FAX:092-986-7981


【レポート】第9回リエートス定例イベント開催報告~岡田氏基調講演~

2021年5月15日(土)(株)マイソルの福澤が代表を務める社会起業家サポートコミュニティ『リエートス』にて、ソーシャルビジネスの第一人者の岡田昌治先生による、【[今こそ社会課題を解決する持続可能なソーシャルビジネスとは】&社会起業家の事業紹介を行うソーシャルピッチを開催しました。

■50名以上の参加

非常事態宣言中の為、限定入場とオンラインという制限された環境下でしたが、50名以上の参加者があり、ソーシャルビジネスやSDGsに対する関心の高さが伺えました。

■オープニング

福澤久
(株式会社マイソル 代表取締役CEO/リエートス代表)
弊社代表の福澤がオープニングとして、リエートスの立ち上げ経緯から団体概要について説明を行いました。リエートスの詳細については以下を参照ください。
≫リエートスの詳細はこちら⇒https://re-ethos.net/

オープニングの様子

■第一部 基調講演

今回は『持続可能なソーシャルビジネス』をテーマに、社会課題の解決を本業に如何にして組み込み、社会問題に取り組んでいくかという事を分かりやすくご講演頂きました。NPOs,NGosとソーシャルビジネスの違いについて関心を持ちソーシャルビジネスの進め方や、仲間との時間・情報の共有の重要性などご参加の皆様も熱心に聞き入っていました。

岡田先生の講演の様子
質疑応答の様子

■第二部 ソーシャルピッチ

①島倉氏
水に関するアプリや環境問題など、これからの日本、世界における重要な問題における解決策など、非常に興味深い講演でした。

島倉氏の講演の様子
講演内容

②スチームパンクデジタル(株) ヒルトン・アーロン氏
AR技術を中心とした ビジネスモデルで、博物館や美術館などに出向き、写真の撮影から制作過程、完成までの経緯や、今後の事業プランについて講演して頂きました。コロナ禍において、人々の生活に密着した素晴らしい講演でした。

アーロン氏の講演の様子
同時通訳の様子

【お知らせ】※中止※第8回リエートス定例イベント見学会&ワークショップは中止となりました。

2021年4月17日(土)に実施予定だったソーシャルビジネスカンパニーの株式会社数寄屋様への見学会&ワークショップは新型コロナウィルス感染拡大の状況を鑑みて、残念ながらイベント中心の判断となりました。

新型コロナウィルスの状況が落ち着き次第、改めて見学会を実施しますので、追加の情報をお待ちくださいますようお願い申し上げます。

■株式会社数寄屋について

博多織や久留米絣などの伝統工芸を盛り上げていくと同時に障がいがある方に働く場を提供し適切な賃金が貰える場をつくるために活動しており、主に名刺入れやパスケースなどの日用小物を製作しています。
事業の目的は、
・ものづくりを通じて色々な人と関わり、楽しむこと
・縮小傾向にある伝統的工芸品の需要拡大や周知に少しでも貢献すること
・障がいのある人が適正な賃金でやりがいのある仕事が出来ること
の3つです。

【レポート】第7回リエートス定例イベントの開催報告~ソーシャルマルシェ~

マイソルも理事企業を務める社会起業家のサポートコミュニティ『リエートス』の定例イベントの一つである「ソーシャルマルシェ」が2021年3月20日に開催されました。

開催されました。新型コロナウィルスの影響で限定入場とオンライン配信という制約の多いイベントでしたが、オンラインも含めて非常に多くの皆様に関心を持って頂けたようです。

様々な制限に伴い、孤立や閉塞感が身近にある中で、何とか社会にとって良いことが出来ないかと取り組んでいる企業様の取り組みに触れることで多くの方々が笑顔に包まれている風景がとても印象的でした。
また、この日は会場を提供してくれているウィズスクエア福岡の1周年でもあり、最後まで盛り上がりを見せました。

弊社代表福澤によるオープニング挨拶

■マルシェの様子

【お知らせ】3/20リエートス定例イベント『青空ソーシャルマルシェ』を開催します!

■リエートス定例イベント

リエートスは社会課題の解決に取り組んでいる経営者が集まり、社会起業家を持続的且つ包括的にサポートするために 2020年9月に創立したコミュニティです。
定期的にイベントを開催しており、現在進行形で奮闘している社会起業家や、社会起業家を目指そうとしている人、またはそれらを応援する人が交流できる機会を創出しています。
詳細はこちら⇒https://re-ethos.net/

■青空ソーシャルマルシェ

ソーシャルビジネス、NPO、NGO、ボランティア団体、個人など、社会とって良いアイデアを考えていたり、活動を行っている人達は多くいます。しかし、一人で悩みもしくは限られたリソースで挑戦するしかなく、折角の社会に良い素晴らしいアイデアたちが花を咲かせず埋もれていってしまっているのも現状です。

そのような皆さんの活躍の場づくりと、仲間づくりのため、「社会によいアイデア」ばかりを集めたソーシャルマルシェを開催します!会場となるのはSDGs/ソーシャルグッドをテーマにしたコワーキングスペース『ウィズスクエア福岡』です。今回、リエートスの事務局でもあるこのウィズスクエア福岡のオープン一周年記念イベントも兼ねて、ソーシャルマルシェを行います!

今回、コロナウィルス対策として、会場に来なくてもマルシェを楽しめるオンラインマルシェも企画中!!
詳細は追ってお知らせいたしますが、新しいマルシェの楽しみ方をつくっていきたいと思います!

皆で社会に良いアイデアを育て、花が開いた数だけ社会課題が解決していく。
そんな世界を皆で創り上げていきましょう!

■イベント詳細

<日程>
2021年3月20日(土) 13:00-17:00
<参加費>
無料

■タイムスケジュール

◆オープニングトーク(13時00分~13時45分)
12:30- 開場
13:00- 開演・オープニング
13:05- 「実践から学ぶソーシャルビジネス」
     リエートス代表 福澤 久
13:45- 休憩・会場転換

◆ソーシャルマルシェ(14時00分~17時00分)
様々な活動をブース体験会として展示、即売会などを行います。

14:00~ チケット=来場1
15:00~ チケット=来場2
16:00~ チケット=来場3
※マルシェは人数限定のため、入れ替え制となっております。
 来場される時間のチケットにてお申込ください。

※写真は過去のイベントの模様です。当日はコロナウィルス対策を徹底いたします。

■出店企業一覧

①八彩屋本舗(やさいやほんぽ) 吉田信さん
廃棄される運命だった糸島産・無農薬野菜を使った美しいジャムやピクルスを販売。

②雨上がりの虹 生山雅子さん
障碍者の方の就労支援事業としての
カフェを運営。笑顔をつなぐお手伝い。

③NPO法人ウィッグリング・ジャパン
女性がん患者にウィッグをレンタルすることで外見のケア、心のケアをサポートしています。

④チアーズスタイルTV
がん体験者インタビュー、女性向け健康情報の発信で情報格差をなくす取り組みも行っています。

⑤株式会社数寄屋
博多織や久留米絣を用いて、名刺入れやパスケースなどの日用小物を製作販売しています。
事業の目的は、
・ものづくりを通じて色々な人と関わり、楽しむこと
・縮小傾向にある伝統的工芸品の需要拡大や周知に少しでも貢献すること
・障がいのある人が適正な賃金でやりがいのある仕事が出来ること
の3つです。

⑥「食べる。育てる。BOTANIPAN」
いつ起きるか分からない問題を乗り越えていく為の「日常防災」という観点からリリースされる缶パン「BOTANIPAN」。障害のある方のアートを起用し、社会がつながる起点をつくっています。

■参加方法

参加申込ページよりお申込ください。
<会場>※リアル参加の場合

コミュニティスペース・ウィズスクエア福岡
福岡県福岡市中央区大名1-3-7 「サウスステージ1」 3階
問合せ:092‐406‐5539

社会起業家コミュニティ「リエートス」とは?

古代ギリシャの言葉で「いつもの場所」「出発点」などの意味をもつ「エートス(Ethos)」という言葉があります。現況の中、前を向き協力しながら新たなスタートを歩んでいくために、「Re(新たな)」と「Ethos(出発点)」という意味と想いを込め、「リエートス」と名付けました。社会課題へ挑戦し続けることができる居場所の創出、次の世代を担う社会起業家の育成、持続化の実現のためにお互いを信頼し協力して課題を乗り越えることを目的とした社会起業家のコミュニティです。
リエートスに入会を希望される場合は、本イベントなど交流会に一度参加することが必要となります。

【レポート】第6回リエートス定例イベントの開催報告

2021年2月20日(土)に ㈱マイソルの福澤が代表を務める社会起業家サポートミュニティ『リエートス』 にて元・国連広報官の青柳仁志氏による基調講演とと社会起業家の事業紹介を行うソーシャルピッチを開催しました。

■50名以上の参加
非常事態宣言中のため、限定入場とオンラインという制限された環境下でしたが、50名以上の参加者があり、SDGsに対する関心の高さが伺えました。

■オープニング

福澤久
(株式会社マイソル 代表取締役CEO / リエートス 代表 )
弊社代表の福澤がオープニングとして、リエートスの立ち上げ経緯から団体概要について説明を行いました。リエートスの詳細については以下を参照ください。
詳細はこちら⇒https://re-ethos.net/

■第一部 基調講演

 今回は『SDGsビジネスの作り方』をテーマにSDGsを本業に如何にして組み込み、社会問題に取り組んでいくかという事を分かりやすく講演頂きました。また、本講演の直前に『小さな会社のSDGs実践の教科書』を出版されており、この本の内容も含めて、丁寧にご説明頂きました。
 社会と会社の「共通コスト」を削減し、事業を通じて社会と会社の「共通価値」を生み出していく考え方など興味深いアプローチ方法にご参加の皆様も熱心に聞き入っていました。 

■第二部 ソーシャルピッチ

①八彩屋本舗(やさいやほんぽ) 吉田信氏
以前からリエートスにも参加して下さっていて、今回は自身が取り組んでいる事業についてピッチをして頂きました。吉田さんは 廃棄される運命だった糸島産・無農薬野菜を使った美しいジャムやピクルスとして販売されています。また、障がい者の就労機会の創出も含めた事業プランについて講演して頂きました。

社会起業家コミュニティ「リエートス」とは?

古代ギリシャの言葉で「いつもの場所」「出発点」などの意味をもつ「エートス(Ethos)」という言葉があります。現況の中、前を向き協力しながら新たなスタートを歩んでいくために、「Re(新たな)」と「Ethos(出発点)」という意味と想いを込め、「リエートス」と名付けました。社会課題へ挑戦し続けることができる居場所の創出、次の世代を担う社会起業家の育成、持続化の実現のためにお互いを信頼し協力して課題を乗り越えることを目的とした社会起業家のコミュニティです。
リエートスに入会を希望される場合は、本イベントなど交流会に一度参加することが必要となります。