【レポート】ソーシャルビジネスフォーラム2019

2019年11月20日(水)に東京(日本橋)ベルサール東京日本橋にて、日本最大級のソーシャルビジネスフォーラム2019が開催され、マイソルから代表の福澤がパネルディスカッションに登壇しました。

ソーシャルビジネスフォーラムはSDGsや真の社会貢献について考える機会の創出として、女性の経済的自立を支援するリーディングカンパニーでもある有限会社トラストの代表の小野祐紀香社長が発起人となり開催が実現されました。

登壇者にはノーベル平和賞を受賞されたムハマド・ユヌス博士という特別ゲストに加え、ソーシャルビジネスやSDGsの活動などで、第一線で活躍する経営者・有識者等をお迎えして、6時間に渡り、基調講演やパネルディスカッションが行われました。

錚々たるメンバーが集まったフォーラムですが、小野社長の行動力とお人柄が生み出す人脈には脱帽です。

600席の講演会場は満席となり、動画視聴も合わせると800名の方々が、リアルタイムで参加もしくは視聴されたとのことです。また、並行して隣接した会場で開催された「女性のための文化祭」には1,000人の来場者があったとのことで、本フォーラム、そしてSDGsや社会貢献に関するの関心度の高さが窺えます。

弊社代表の福澤が登壇したパネルディスカッションでは、ソーシャルビジネス創業3年目のスタートアップの立場として福澤が、また、軌道後の立場として、花を通じて障がいのある方の雇用を創出するソーシャルビジネスを既に5年経営しているLORANSの福寿社長が等身大のソーシャルビジネスの経営について語り合いました。

※詳細のゲストと登壇内容は以下の通りです。

■第一部
≪ゲストスピーチ≫
「ソーシャルビジネスの可能性~誰も取り残さないビジネスのつくり方~」
田口一成 氏(株式会社ボーダレスジャパン 代表取締役)

≪パネルディスカッション≫
「私たちのソーシャルアクション」
〇ファシリテーター
兒玉久美 氏(一般社団法人 グラミン日本 理事)
〇パネラー
福寿満希 氏(株式会社LORANS 代表取締役)
福澤久(株式会社マイソル 代表取締役)

≪ゲストスピーチ≫
「問いを立てるデザイン」
スプツニ子! 氏(アーティスト、東京藝術大学デザイン科准教授)

≪ゲストスピーチ≫
「SDGs時代の六方よし経営」
田瀬和夫(SDGsパートナーズ有限会社 代表取締役)

■第二部
≪ゲストスピーチ≫
「新しいエコシステムと新しい文明」
ムハマド・ユヌス氏 (グラミン銀行創設者/2006年ノーベル平和賞受賞)

≪ゲストスピーチ≫
「ユヌス・ソーシャルビジネスとは」
岡田昌治(九州大学SBRC特任教授)

≪ゲストスピーチ≫
「なぜ、21世紀は女性の時代なのか?」
田坂広志(シンクタンク・ソフィアバンク 代表)

Follow me!