【レポート】第6回リエートス定例イベントの開催報告

2021年2月20日(土)に ㈱マイソルの福澤が代表を務める社会起業家サポートミュニティ『リエートス』 にて元・国連広報官の青柳仁志氏による基調講演とと社会起業家の事業紹介を行うソーシャルピッチを開催しました。

■50名以上の参加
非常事態宣言中のため、限定入場とオンラインという制限された環境下でしたが、50名以上の参加者があり、SDGsに対する関心の高さが伺えました。

■オープニング

福澤久
(株式会社マイソル 代表取締役CEO / リエートス 代表 )
弊社代表の福澤がオープニングとして、リエートスの立ち上げ経緯から団体概要について説明を行いました。リエートスの詳細については以下を参照ください。
詳細はこちら⇒https://re-ethos.net/

■第一部 基調講演

 今回は『SDGsビジネスの作り方』をテーマにSDGsを本業に如何にして組み込み、社会問題に取り組んでいくかという事を分かりやすく講演頂きました。また、本講演の直前に『小さな会社のSDGs実践の教科書』を出版されており、この本の内容も含めて、丁寧にご説明頂きました。
 社会と会社の「共通コスト」を削減し、事業を通じて社会と会社の「共通価値」を生み出していく考え方など興味深いアプローチ方法にご参加の皆様も熱心に聞き入っていました。 

■第二部 ソーシャルピッチ

①八彩屋本舗(やさいやほんぽ) 吉田信氏
以前からリエートスにも参加して下さっていて、今回は自身が取り組んでいる事業についてピッチをして頂きました。吉田さんは 廃棄される運命だった糸島産・無農薬野菜を使った美しいジャムやピクルスとして販売されています。また、障がい者の就労機会の創出も含めた事業プランについて講演して頂きました。

社会起業家コミュニティ「リエートス」とは?

古代ギリシャの言葉で「いつもの場所」「出発点」などの意味をもつ「エートス(Ethos)」という言葉があります。現況の中、前を向き協力しながら新たなスタートを歩んでいくために、「Re(新たな)」と「Ethos(出発点)」という意味と想いを込め、「リエートス」と名付けました。社会課題へ挑戦し続けることができる居場所の創出、次の世代を担う社会起業家の育成、持続化の実現のためにお互いを信頼し協力して課題を乗り越えることを目的とした社会起業家のコミュニティです。
リエートスに入会を希望される場合は、本イベントなど交流会に一度参加することが必要となります。