【お知らせ】1月15日(土)~白木 夏子さん特別講演~社会起業家 賀詞交歓会 『エシカル‐美しい未来をつくる‐』

子どもたちに残せる未来をつくる

 社会起業家の持つ理念や背景、解決したい社会課題は人それぞれです。しかし、「子どもたちにより良い未来を残したい」という想いは共通のものではないでしょうか。
 本イベントでは、社会を変えたいという想いから、2009年に人と社会と自然環境に配慮したエシカルジュエリーブランド「HASUNA」を立ち上げられた白木夏子さんをゲストにお招きして、その想い、活動の背景や事業が動いていくプロセスについてお話をいただきます。
 課題は人それぞれであっても、想いや事業が生まれ動いていくプロセスには、誰もが共感し、実践できるエッセンスが数多くあります。
 講演のあとには、参加者同士の交流会を予定をしています。一人で事業に向かっていくのは、気持ちの面でも具体的な面でも、とても難しいものです。想いを共にする仲間づくりの機会をつくっていきたいと考えています。
 ぜひ奮ってご参加ください。

■登壇者紹介

白木 夏子 Natsuko Shiraki さん

ジュエリーブランドHASUNA Founder & CEO、ブランドプロデューサー・ディレクター。武蔵野大学 アントレプレナーシップ学部教員・研究所客員研究員。
英ロンドン大学卒業後、国際機関、投資ファンドを経て2009年に株式会社HASUNAを設立。ジュエリーブランドHASUNAでは、世界約10カ国の宝石鉱山労働者や職人とともにジュエリーを制作し、 エシカル(=道徳的、倫理的)なものづくりを実践。”未来へと受け継がれるジュエリーブランド”として、日本におけるエシカル消費文化の普及につとめる。武蔵野大学教員として、アントレプレナーシップに関する研究と起業家の育成を行っている。 女性の働き方や起業、ブランディング、サスティナビリティ、SDGs等をテーマに国内外で講演活動も行う。
2011年、日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2011キャリアクリエイト部門受賞をはじめとして、 2013年には世界経済フォーラム(ダボス会議)にGlobal Shaperとして参加。2014年には内閣府「選択する未来」委員会委員を務め、Forbes誌「未来を創る日本の女性10人」に、2017年にはCNNが選んだ日本人女性「リーディング・ウーマン・ジャパン」に選ばれるなど、世界的にも注目を集める起業家である。

イベント概要

■日程:2022年1月15日(土)
■時間:13時30分~15時30分
■参加費:無料
■開催方法
①リアル会場参加 ②オンライン配信
※リアル会場はコロナウィルスの対策を徹底し、人数も収容率40%以下に限定させていただきます。
※定員になり次第、受付を終了いたします。

■プログラム

13:15-13:30 開場
13:30-13:45 オープニング トーク
13:45-14:45 1部:白木夏子さん特別講演
14:45-15:30 2部:交流会(賀詞交歓会)
15:30     クロージング

■参加方法

こちらの申込ページより、人数確認のためリアル体験又はオンライン視聴チケットを選択し、お申込ください。事務局より案内メールを送信いたします。
・オンライン、オフラインが選択可能です。
・オンライン配信参加の方はチケット購入後にZOOMのリンクが共有されます。
※定員になり次第、受付を終了いたします。
peatixを利用しない方はこちらのフォームからもお申込みいただけます。

■会場

コミュニティスペース・ウィズスクエア福岡
福岡県福岡市中央区大名1-3-7 「サウスステージ1」 3階
お問合せ:092‐406‐5539

■一般社団法人リエートスについて

主催の一般社団法人リエートスは、社会起業=社会課題に解決の取り組む起業家を支援する団体です。社会課題へ挑戦し続けることができる居場所の創出、次の世代を担う社会起業家の育成、持続化の実現のためにお互いを信頼し協力して課題を乗り越えることを目的とした社会起業家のコミュニティです。
日本においても、少子高齢化やコロナウィルスの影響など、社会的な孤独や相対的貧困が課題となってきています。また、障害を持つ方やLGBTQなどソーシャルマイノリティへの支援も十分とは言えません。
こういった問題を解決するため、孤独の解決と社会起業家を育む「集団的暮し方」を提供するための『「コ・ワーケーション事業」における九州の地域活性化』事業をスタートしました。
※本事業は休眠預金等活用制度に採択され、「九州地域ソーシャルビジネス・コンソーシアム」より助成を受けて運営しています。

一人一人が起業をすることで、自ら積極的に社会に関わることができ、継続して収入を得ることで貧困も解消できます。

しかし、起業は一人では難しいのも事実です。そこで、私たちは多種多様な人々が支え合いながら暮らす集団的な暮らし方を「コレクティブハウス」事業で実現して、様々な社会課題を解決する支え合いの仕組みづくりを展開していきます。

イベント事務局

810-0041 福岡県福岡市中央区大名1-3-7 サウスステージ13階
電話  092-406-5539
メアド info.f@tokyo-trust.jp
担当:牛島・岩村

【お知らせ】『D&Iアワード 2021』にて最高評価のベストワークプレイス認定を取得‼

株式会社マイソル(本社:福岡県福岡市博多区、代表取締役:福澤久)は2021年12月14日に株式会社JobRainbowが主催し、 日本のダイバーシティ&インクルージョン(D&I)をリードする企業を表彰する「D&I Award 2021」※1で、マイソルが最高位の「ベストワークプレイス」※2ランクの認定を取得しました。

■D&Iアワードとは?

D&Iに取り組む企業を認定・表彰する日本初の表彰制度です。
「ジェンダーギャップ」「育児・介護」「障がい」「多文化共生」「LGBT」の5つの観点で構成された100項目の「ダイバーシティスコア」で採点し、ビギナー(認定スコア1〜20点)、スタンダード(認定スコア21〜60点)、アドバンス(認定スコア61〜80点)、ベストワークプレイス(認定スコア81〜100点)を認定。また、認定企業の中から「D&I Award大賞」4社、「D&I Award賞」12社を表彰しています。
URL=https://diaward.jobrainbow.jp/top

■ベストワークプレイス認定とは?

 日本国内だけでなく世界的にも高い水準でD&I推進に取り組み、D&Iの企業文化の醸成に加え、社員一人ひとりがD&I推進を担う個として積極的に活動しており、D&Iの理念をサービスや事業、企業組織などのあらゆる側面で反映し、それを今まさに社外にも波及している企業に与えられる。

■これからについて

 当社ではビジョンそのものが「自分らしく働くことができる多様性のある社会を実現する」というテーマのもとに、それぞれの個性を尊重しながら、多様な人材が多様な働き方を通じて企業の力に変えていく事で、社会に貢献し続けていくことを目指して様々な取り組みを推進して参りました。
 具体的にはオリエンテーション、相談窓口、パートナーシップ制度、九州レインボープライドの参画、社内研修、社外研修などを積極的に行い、アウトソーシング事業を通じて、取引企業にもD&Iの取り組みを展開していくソーシャルコールセンターを展開するなどの社内外を問わない活動が評価され、 最高評価である「ベストワークプレイス」認定を取得しました。
 これからも社員のみならず、その周囲の人達にも笑顔をもたらす事ができるように、多様な価値観や背景を認め合いながら取り組みを続けて参ります。

【お知らせ】日刊工業新聞に掲載されました‼

この度、2021年12月2日(木)発行の日刊工業新聞「輝けスタートアップ」コーナーに当社マイソルの記事が掲載されました。
記事の中では当社代表の福澤が創業したきっかけに始まり、事業スキームやソーシャルコンセプトについて書かれてあります。なお、新しく開始された住居事業についても記事にして頂いていますので、ぜひご覧ください。

掲載紙:日刊工業新聞
掲載日:2021年12月2日

【お知らせ】日本経済新聞に掲載されました‼

この度、2021年11月17日(水)発行の日本経済新聞の九州経済面に掲載されました。
今期より、有限会社トラスト(本社:東京)と共にコンソーシアム議場として新たに取り組んでいる共同生活住居事業のコレクティブハウスについて記事になっています。

■九州地域コ・ワーケーション推進コンソーシアム

有限会社トラスト(代表取締役 小野 祐紀香、所在地 東京都中央区)と株式会社マイソル(代表取締役CEO 福澤 久、所在地 福岡県福岡市)による休眠預金活用事業における共同プロジェクト。

■休眠預金等活用制度

「民間公益活動を促進するための休眠預金等に係る資金の活用に関する法律(休眠預金活用法(平成 28 年法律第 101 号)」に基づき、金融機関の口座で 10 年以上出し入れが確認できない休眠預金を社会課題の解決や民間公益活動の促進のために活動する制度。2019 年度から制度スタート。

シンボルマーク
休眠預金等の活用の流れ

■コ・ワーケーション事業

地域の課題解決を目的にした「スモール起業」と暮らし方の「シェアリングモデル」を掛け合わせることにより、人口減少やライフデザインの変化が生み出す「孤立化」や「貧困」、「空き家」といった社会課題を同時に解決する日本初・九州発のソーシャルビジネス・モデル 。

事業スキーム

【プレスリリース】「コ・ワーケーション事業」開始のお知らせ

2021年11月10日

九州コ・ワーケーション推進コンソーシアム

休眠預金等活用制度※1を利用した
孤独の解決と、社会起業家を育む集団的暮し方を提供する
「コ・ワーケーション事業」開始のお知らせ

このたび、九州コ・ワーケーション推進コンソーシアム(有限会社トラスト(代表取締役 小野 祐紀香、所在地 東京都中央区)と株式会社マイソル(代表取締役CEO 福澤 久、所在地 福岡県福岡市)によるコンソーシアム)は、休眠預金等活用制度の実行団体として同制度を活用した日本初の「コ・ワーケーション事業(仕事場と住まいを一体化したシェアハウス:コレクティブハウス)」を開始します。

「コ・ワーケーション事業」とは、地域の課題解決を目的にした「スモール起業」と暮らし方の「シェアリングモデル」を掛け合わせることにより、人口減少やライフデザインの変化が生み出す「孤立化」や「貧困」、「空き家」といった社会課題を同時に解決する日本初・九州発のソーシャルビジネス・モデルです。

具体的には、空き家をコレクティブハウス機能を備えた単身者の自立を促す起業スペースとして活用し、貧困リスクの軽減と空室問題の抑止を図ると共に、単身高齢者や子育て世帯との住居空間のシェアリングにより「助け合い」を促します。

また、2020年より社会起業家のサポートコミュニティとして活動する団体「リエートス」を一般社団法人化し、社会起業家の支援及び育成をさらに促進し、九州からソーシャルビジネスの輪を広げていきます。

同事業では、有限会社トラストが行うレンタルオフィス・イベント事業のノウハウを活用することで、空き家を有効に利活用し、移住促進とテレワーク&副業、起業を組み合わせた異世代間共同住宅(コレクティブハウス)の居住者管理とコミュニティ運営を行います。

また株式会社マイソルはこれまでLGBTQを始めとする多様な人材の雇用を、アウトソーシング事業を通じて実現しており、コレクティブハウス入居者の雇用支援企業として、働く場の提供を実現します。

【コ・ワーケーション事業 イメージ図】

※1 休眠預金等活用制度

「民間公益活動を促進するための休眠預金等に係る資金の活用に関する法律(休眠預金活用法(平成 28 年法律第 101 号)」に基づき、金融機関の口座で 10 年以上出し入れが確認できない休眠預金を社会課題の解決や民間公益活動の促進のために活動する制度。2019 年度から制度スタート。

休眠預金活用の流れ

■プレスリリース記事PDF

◆本件に関するお問い合わせ先
事務局:有限会社トラスト 担当:牛島、岩村
Tel:092-406-5539 Email:info.f@tokyo-trust.jp

【お知らせ】本社を移転しました!

平素は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、この度本社事務所を下記住所に移転いたしましたのでご案内申し上げます。 
これを機会に、社員一同一層社業に専念致しますので、今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

【移転先情報】
住所:福岡県福岡市博多区博多駅東2丁目5-28博多偕成ビル4階
TEL:092-986-7980
FAX:092-986-7981


【お知らせ】2/20リエートス定例イベント『基調講演&ソーシャルピッチ』を開催します!

■リエートス定例イベント

リエートスは社会課題の解決に取り組んでいる経営者が集まり、社会起業家を持続的且つ包括的にサポートするために 2020年9月に創立したコミュニティです。
定期的にイベントを開催しており、現在進行形で奮闘している社会起業家や、社会起業家を目指そうとしている人、またはそれらを応援する人が交流できる機会を創出しています。

■今回のゲストは 元・国連広報官 の青柳 仁士 さんです!

― 元・国連広報官が語る「SDGsビジネスのつくりかた」―
貧困、失業、環境などの社会問題に加えて、新型コロナウィルスを取り巻く価値観の変容を受けて、企業においても世界的機運となっているSDGsの理解と活用がより一層求めれてきます。

このような背景を踏まえて、 一般社団法人SDGsアントレプレナーズ代表理事の青柳仁士さんに
SDGsビジネスのつくり方についてご講演いただきます。

青柳さんは 2012年に国連本部のあるニューヨークでSDGs創設の国際議論に参画し、SDGsが始まった2016年から国連開発計画(UNDP)駐日事務所の広報官を務められ、その後も SDGsをビジネスで解決するためのプラットフォームを設立・運営 されており、多方面にご活躍されています。

現在のSDGsの理解度や導入段階に関わらず、全ての組織と人々が最先端のSDGs潮流にキャッチアップし、現状よりも一歩進んだ取り組みができるようにわかりやすくお話して頂けますので、奮ってご参加ください!

■講師プロフィール

一般社団法人SDGsアントレプレナーズ代表理事
(社会起業家/元・国連職員)
青柳 仁士 氏

2012年に国連本部のあるニューヨークでSDGs創設の国際議論に参画し、SDGsが始まった2016年から国連開発計画(UNDP)駐日事務所の広報官として日本の政府機関、民間企業、教育機関、メディア・市民社会等への初期のSDGs普及に従事。
SDGsの機運を具体的な世界の課題解決力に変えるため、国連在職時に日本の民間企業約50社とともにSDGsをビジネスで解決するためのプラットフォームを設立・運営。現在もSDGsビジネスの創出と実行に取り組み続けている。

2008年:独立行政法人国際協力機構(JICA)アフガニスタン事務所調査役
2010年:国連開発計画(UNDP)対外関係・アドボカシー局政策顧問
2013年:プライスウォーターハウスクーパース株式会社(PwC)マネージャー
2015年:ハーバード大学エマージング・リーダーズ・プログラム修了
2016年:国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所副代表補・上席渉外広報官
2018年:一般社団法人Japan Innovation Networkディレクター
2019年:一般社団法人SDGsアントレプレナーズ代表理事

■タイムスケジュール

開催日時:2021年2月20日(土)
◆ソーシャルビジネスセミナー(13時00分~14時00分)
12:30- 開場
13:00- 開演・オープニング
13:05- 「SDGsビジネスのつくりかた」
     青柳 仁士 氏(一般社団法人SDGsアントレプレナーズ代表理事)

◆ソーシャルピッチ(14時15分~14時45分)
14:15- ソーシャルピッチ×3名
(ソーシャルビジネス実践者によるピッチタイム)

<活躍中の先輩起業家(経営者)によるフィードバックあり>
・株式会社マイソル 代表取締役 福澤 久
・㈱ヒューマンハーバー代表取締役 副島勲
・Trust Inc. CEO 小野祐紀香
・一般社団法人WAOJE 代表理事 小田原靖(オンライン)
・TFTセンタージャパン 代表取締役 森川綾女(オンライン)

◆第二部(15時00分~16時30分)
15:00- 交流会(リアル体験のみとなります)

■参加方法

下記 イベントページよりお申込をお願いいたします。
https://reethos0220.peatix.com/

■会場情報

コミュニティスペース・ウィズスクエア福岡
福岡県福岡市中央区大名1-3-7 「サウスステージ1」 3階

■お問い合わせ

コミュニティスペース・ウィズスクエア(福岡店)
[ TEL ] 092-406-5539
[MAIL] ushijima@tokyo-trust.jp(担当:ウシジマ)

■リエートスとは

古代ギリシャの言葉で「いつもの場所」「出発点」などの意味をもつ「エートス(Ethos)」という言葉があります。現況の中、前を向き協力しながら新たなスタートを歩んでいくために、「Re(新たな)」と「Ethos(出発点)」という意味と想いを込め、「リエートス」と名付けました。社会課題へ挑戦し続けることができる居場所の創出、次の世代を担う社会起業家の育成、持続化の実現のためにお互いを信頼し協力して課題を乗り越えることを目的とした社会起業家のコミュニティです。
リエートスに入会を希望される場合は、本イベントなど交流会に一度参加することが必要となります。

【レポート】ラジオ出演しました!

2020年10月1日(木)に阿南(取締役COO)がコミュニティラジオ天神「アテンションプリーズ」に出演しました。番組内では25年前にカナダへワーキングホリデーに行った際にジェンダー問題や人権問題に関心を持ったことなど、現職に至るきっかけや現在取り組んでいる活動などについてインタビューを受けてきました。

この番組は夢に向かって頑張る方々にエールを送る25分間のインタビュー番組です。
毎週月曜14時30分〜の生放送で放送されていますので、ぜひ皆さんもチェックされてみてください。

【お知らせ】リエートスで特別講演開催します!

2020年10月17日(土)にマイソルが参画する社会起業家サポートミュニティ「リエートス」では ユヌスソーシャルビジネスの第一人者である岡田昌治先生(九州大学SBRC特任教授) を迎えて特別講演と交流会を開催します。

<特別講演>
―Withコロナ時代に加速するー 持続可能なソーシャルビジネス
コロナ禍の中で、ソーシャルビジネスが持つ役割や力など、これからの時代を切り開くメッセージを熱く講演いただきます。

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
ー No Going Back‼ ー
SDGs やソーシャルグッドの輪を広げよう!
社会起業家のための新しいコミュニティ..
<<リエートス定例イベント>>
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
日程:2020年10月17日(土)
時間:13時00分~16時30分
参加費:500円
開催方法:①リアル体験 ②オンライン配信(一部、二部)
申込みフォーム:https://reethos1017.peatix.com/

開催場所:コミュニティスペース・ウィズスクエア福岡
住所:福岡県福岡市中央区大名1-3-7「サウスステージ1」 3階
問合せ:092‐406‐5539
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

※参加方法
人数確認のためリアル体験又はオンライン視聴チケットを選択し、お申込ください。
事務局より案内メールを送信いたします。

【講演者プロフィール】

東京大学法学部卒業後、1979 年NTT グループ前身の日本電信電話公社に入社。ワシントン大学(シアトル)経営学修士号(85)ニューヨーク州弁護士資格(95)取得。2002 年10 月より九州大学法科大学院にて「契約実務」等の講座を担当し、2008 年より、ムハマド・ユヌス博士とユヌス・ソーシャル・ビジネス推進のための国内外のプロジェクトを担当。2011 年4 月より現職。

※ぜひ、こちらのURLより岡田先生の講演動画を視聴の上、ご参加ください。より深い理解を得られます。

【タイムスケジュール】

■第一部(13時00分~14時00分)
12:30- 開場
13:00- 開演・オープニング
13:05- 特別講演「ーWithコロナ時代に加速するー 持続可能なソーシャルビジネス」
     ユヌスジャパン 代表理事 岡田昌治

■第二部(14時15分~14時45分)
14:15- ソーシャルピッチ×3名
     (ソーシャルビジネス実践者によるピッチタイム)

◆活躍中の先輩起業家(経営者)によるフィードバックあり
・ユヌスジャパン/SBRC 代表理事 岡田昌治
・㈱ヒューマンハーバー代表取締役 副島勲
・Trust Inc. CEO 小野祐紀香
・一般社団法人WAOJE 代表理事 小田原靖(オンライン)
・TFTセンタージャパン 代表取締役 森川綾女(オンライン)

■第三部(15時00分~16時30分)
15:00- 交流会(リアル体験のみとなります)

【リエートスとは】

古代ギリシャの言葉で「いつもの場所」「出発点」などの意味をもつ「エートス(Ethos)」という言葉があります。現況の中、前を向き協力しながら新たなスタートを歩んでいくために、「Re(新たな)」と「Ethos(出発点)」という意味と想いを込め、「リエートス」と名付けました。社会課題へ挑戦し続けることができる居場所の創出、次の世代を担う社会起業家の育成、持続化の実現のためにお互いを信頼し協力して課題を乗り越えることを目的とした社会起業家のコミュニティです。

≪リエートス運営メンバー≫
・株式会社マイソル 代表取締役 福澤久
・㈱ヒューマンハーバー代表取締役 副島勲
・ガードナー株式会社 代表取締役 福山克義/福山剣介
・Trust Inc. CEO 小野祐紀香

≪アドバイザリーボード≫
・一般社団法人WAOJE 代表理事 小田原靖
・TFTセンタージャパン 代表取締役 森川綾女
・一般社団法人グラミン日本 理事 兒玉久実
・一般社団法人ユヌス・ジャパン 代表理事 岡田昌治

≪過去の開催イベントの様子1≫
≪過去の開催イベントの様子2≫

【レポート】「ソーシャル・マルシェ&ピッチ」を開催しました!

マイソルが代表を務める社会起業家サポートミュニティ「リエートス」が2020年8月に立ち上がりました。また、設立イベントとしてソーシャルグッドな取り組みを行っている企業を集めた「ソーシャル・マルシェ」と次世代を担う社会起業家のアイデアを共有する「ソーシャルピッチ」を開催しました。

【100名以上の申込み】
新型コロナウィルスを考慮し、限定入場とオンライン開催という制約がある応募条件にも関わらず、社会起業家の新しいアイデアや取り組みに関心を持って頂けた100名以上の方から参加申込みがありました。

【ソーシャルマルシェの様子】
ソーシャルグッドな取り組みをしている企業10社に出展頂きました。

<出展企業>
八彩屋本舗
雨上がりの虹
ガードナー株式会社
NPO法人ウィッグリング・ジャパン
チアーズスタイルTV
バオバブ・サンライズ
mymizu
ROBBO JAPAN
ハチドリ電力
ミライダネ株式会社

【リエートス設立の背景とイベント開催の背景】
生活様式が一遍した今だからこそ、人と人とが支え合い、持続可能な社会を創り上げていくために自分達の出来ることから始めようという事で、数名の経営者が集まり社会起業家をサポートしていくコミュニティとして「リエートス」が立ち上がりました。
そして、その取り組みの一つとして、ソーシャルグッドな取り組みや活動を行っている企業との交流の場を創出する「ソーシャルマルシェ」と、次世代を担う社会起業家の新しいアイデアに触れることができる「ソーシャルピッチ」を開催するに至りました。

【ソーシャルピッチの様子】
次世代の担う活動に取り組んでいる3名の社会起業家に講演をして頂きました。
①坂口秀美氏(ハチドリ電力)
②岩切慎太郎氏(ミライダネ株式会社)
③マクティア・マリコ氏(mymisu)

<ハチドリ電力 坂口秀美氏のピッチの様子>

ハチドリ電力は、CO2ゼロの実質自然エネルギー100%プランのみを販売する電力サービス。
地球にやさしい電気だけでなく、社会問題に取り組むNPOやNGOにお金が回る仕組みについて講演していただきました。

<ミライダネ株式会社 岩切慎太郎氏のピッチの様子>

ソーシャルビジネスに対する想いや缶パンと植物栽培と防災を掛け合わせた「BOTANIPAN」ついて講演していただきました。

<mymizu マクティア・マリコ氏のピッチの様子>

人々の消費行動を持続不可能なものから環境に責任を持つものに変えることをミッションとし、日本初となる無料給水アプリ「mymisu」を始め、マイボトルや給水の促進など行っている活動や取り組みについて講演していただきました。

【特別講演】<一般社団法人ユヌス・ジャパンの岡田昌治氏のオンライン講演の様子>

特別講演として、㈳ユヌス・ジャパンの代表理事であり、九州大学ユヌス&椎木ソーシャルビジネス研究センターのエグゼクティブディレクターを務める岡田昌治氏より、これからの時代を生きるために私達が必要なソーシャルマインドについてオンライン講演を行っていただきました。

マイソル代表の福澤より社会起業家をサポートしていくコミュティ「リエートス」の設立背景や今後の展望について講演を行いました。

【リエートスについて】
社会起業家、もしくは社会起業家を目指す人達を応援する社会起業家サポートコミュニティです。社会起業家達が抱えるステージ毎の課題に合わせて、本活動に賛同する経営者や見識者からアドバイスや経営サポートを行っていきます。

リエートスの取り組み
経営サポート例

■理事メンバー
福澤久(株式会社マイソル 代表取締役)
副島勲(株式会社ヒューマンハーバー 代表取締役)
小野祐紀香(有限会社トラスト 代表取締役)
福山克義(ガードナー株式会社 代表取締役)
福山剣介(ガードナー株式会社)

■アドバイザリーボード
岡田昌治(一般社団法人ユヌスジャパン 代表理事)
小田原靖(一般社団法人WAOJE 代表理事)
森川綾女(TFTセンタージャパン(こころ)代表取締役)
兒玉久実(一般社団法人グラミン日本)

■事務局
住所:福岡県福岡市中央区大名1-3-7「サウスステージ1」 3階
TEL:092-406-5539
▼リエートスWEBサイト
https://re-ethos.net/